Wundou商品¥1,000~¥1,999以下で購入可能スクールTシャツ

シンプルだけど、飽きのこないデザインのスクールTシャツ。色はやはり白色が定番。1枚は持っていたいアイテムです。白色は汚れが目立つからと敬遠されがちですが、どんなものにも、どんな色にでも合わせやすいという魅力は、他の色以上。
そんなスクールTシャツについて、調べてみました。

学校で服を揃えることの意味は?

貧富の差がなく、学べることの象徴である制服やチーム服。
人間である私たちが洋服を着ることは、機能的な意味だけで着用するのではなく、他にも、いろいろな役割を持っています。学校の制服とは、貧富の差がなく、統一された洋服で学ぶというのが、もともとの意味です。

しかし、現在は学校によってはハイセンスな制服が増え、制服の機能やデザインを重視したものが増えてきました。

スクールTシャツも同様で、貧富の差がなく統一された洋服で学ぶというのが一番の目的。そのうえで、Tシャツの機能が十分に活かされたものを提供する学校が増えています。

部活のときはもちろん、中には夏の間の上制服はスクールTシャツを着用という学校もあります。そんなふうに、登場回数が多く毎日着る可能性が高いものだから、長く大切に着てあげたい。そのためには、日ごろのお手入れが大切になります。

素材は、ポリエステルとコットンのミックス素材。

しわになりにくく、脱いだ後はカバンの中に簡単に収まります。しかし、気を付けていただきたいのはカバンの中にしまったままにならないようにすること。

部活や、学校で汗をかいたTシャツは、自宅に帰ってすぐに洗濯をしない場合は、ハンガーにかけて風通しのよいところへかけておくこと。これは、嫌な臭いを染みつかせないようにするためです。また、汚れの繁殖を防ぐためでもあります。可能であれば、一度水洗いをしてから、陰干しで風通しをしておきたいところです。

Wundouの¥1,000~¥1,999以下で買えるスクールTシャツホワイト

サイズは、XS・S・M・L・XL・XXLの6サイズ。体の小さな人から大きな人まで幅広く着用していただけます。WundouのスクールTシャツの特徴は表が綿、裏がポリエステルの二重構造になっているので、汗をかいてもすぐに吸収してくれます。

それは、快適な着心地で1日過ごすことができるということを意味します。さらに「ハニカムメッシュ」といって、裏面がハチの巣のように凸凹とした構造になっています。ハニカムメッシュによって肌との接触面が少なくなると、肌に引っ付きにくくなることでストレスを軽減することができます。1枚は、必ず持っていたいアイテムです。